もちの歴史(二番)

江戸時代 に みんなさん は もち を 料理しられます。
それで、日本人 は さまざまな もち を 使います。
例えば:よもぎもち、きなこもち、だいふく、ひしもち、かしわ、わがし、とか もちがし。
mochi plate
1967年に、もちの きかい が 新しい 考案 (こうあん)されました。
だから、たくさん もち会社 が 建ちました。
もちきかい は もち米粉 が 入れます。 次に、水 を 入れます。数秒  待つと、 インスタントもち が できます。
今、ふくすうの会社 が もち米粉 を 売ります。
見ましょう!おもしろい!

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s