もちの歴史

こんにちは。私はスザクちゃんと呼ばれています。今日のブログは日本のデサートを習います。日本にたくさんおいしい食べ物があります。だけど、伝統的な食べ物もあります。それで、人気デサートを習いましょう。

もちの歴史

日本 で もち は 人気がある米のケーキ です。
いつか分からないだけど、中国 から日本 に もち が 来ました。
日本の平安時代ぐらいに、もち は 正月料理 に なりました。
十回世紀のはじめ、さまざまな もち は 皇室の供物に 使われました。
米のケーキの名前 から 「持つ」です。
米のケーキの名前 は 「望月」からとも言います。「意味」は「full moon」。

正月の少し 前 に、もちつきをしました。
伝統的な やり方、最初に もち米 を にます。
次に、もち を うその 中 にいれます。
もちつきの 初め とき、歌います。

見ましょうよhttps://www.youtube.com/

こねこ は ちいさい ケーキ を します。
ケーキ は 神 を あげます。
そなえもの は 「かがみもち」呼んでいます。
丸々かたち は 天ごく ミラーにています。
かがみもち は 時々 いっしょに オレンジ とか 糊 とか みかん が あります。
神社 と 仏教寺院 で もち は そなえもの とされます。
220px-Kagami_mochi_by_Chuuken_Hachigou_in_GIF
一月 に かがみびらきをします。
かがみびらき は 意味 は 「ミラーをあげる。」です。
かがみびらきする とき、かがみもち は壊します。かがみびらきするときも、 酒桶を壊します。
徳川 幕府(shogunate) はかがみびらきを始めました。
前 に せんとう、幕府 は 酒桶 壊 しました。
せんとう は 勝ち時、かがみびらき は新しい ぎしき に なりました。
今、たくさんの 新しい 会社 とか 道場 とか 特別な 行事 は かがみびらきします。

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s